2011年09月20日

浦島太郎さん

私、亀が大好きなんですicon12icon06icon06

亀って、かわいくって優雅で優しくて

スローなライフスタイルを綺麗な海の中で

エンジョイしてるな~っていうイメージがあるんです。feel03

ところが、最近、クイーンズランド州に住む亀が

危機にさらされているということで

ケアンズのフィッツロイ島に

亀のリハビリテーションセンターが

開設されることになりましたfeel20





今年の初めにクイーンズランドを襲った

サイクロン”ヤシ”が原因で、餌となる

海草が減ってしまい、弱った亀が岸に打ち上げられて

しまうようになったためだそうです。animal14

海草が生長するにはあと3年はかかるそうなので

亀が元気に海で泳ぎまわることができるようになるまで、

リハビリテーションセンターで保護するそうです。face01

他にも釣り人が残していくゴミや

気づかずに風で飛んでしまったビニール袋などを

飲み込んで病気になってしまう亀もいっぱいいるとか・・・。face24

「こんなことになっている野生動物を

見て見ぬふりは絶対にできない!!」と立ち上がったのは

世界を飛び回って活躍する

”ナショナルジオグラフィック誌”のフォトグラファー

ケアンズ在住のドイツ人男性、クリスチャンさん。icon15





海の中を気持ちよさそうに泳いでいる

こんなにかわいらしい亀の写真とか





ちょ、ちょっと~、これどのくらいの距離で

サメと泳いでるの~feel21

・・・みたいなワイルドな写真を撮る方なんです。





face23「困った亀を助けてあげるなんて

まるで浦島太郎さんのような人だ~。」

なんて思ったのは私だけでしょうか。feel01

このリハビリテーションセンターでは

亀だけではなく、他にも危機にさられている

野生の海洋生物を、世話することができる

施設が整うそうなんです。icon22

すでに、カンタスなどの大手企業が

スポンサーとして支援してくれているとのこと。icon20

世界各国からメディアが訪れることにもなりそうです。item42

私も浦島太郎さん・・・じゃなくてクリスチャンさんの

弟子となって、お手伝いさせてもらう予定です。face25

1匹でも多くの野生動物が、元気になって海に戻り

今までのような幸せな生活を送ってくれればいいな~

と心から願っています。feel08



Sunny icon01

















同じカテゴリー(オージーアニマル)の記事画像
ラッキー猛練習の巻
サメの歯
ら、らくだ??
同じカテゴリー(オージーアニマル)の記事
 ラッキー猛練習の巻 (2014-07-18 23:28)
 サメの歯 (2010-06-11 13:01)
 ら、らくだ?? (2010-06-08 17:26)

この記事へのコメント
海の大好きなSunnyさんらしい素晴らしい活動ですね!

それにしてもクリスチャンの写真!
とっても素敵です♪
Posted by 小梅小梅 at 2011年09月20日 09:33
野生生物のリハビリテーションセンターがあるとは思いませんでした。
ちょっと興味があります。
Posted by AntonioAntonio at 2011年09月20日 11:02
地上の環境問題にやっと着手し始めた各国ですが、海中の環境問題もかなり深刻ですね。
もっと、たくさんの人に知ってもらえたら、、と思います!
Posted by まむもむ at 2011年09月20日 11:30
この方の写真はとても素敵ですね。
私は、もし宝くじが当たったら、賞金の一部は必ずAusの自然のために寄付すると決めてます。
私は個人的にAusの自然は世界単位で保護していく物だと思ってます(かなり偏った意見とか言われそうですが)
GBRもその他全ての世界遺産を、絶対に守っていきたい。
だから、必ず私は持ち込み品で「コレくらいいいだろう」と持ち込むことはしません。
それが積もり積もって自然破壊になるのですから。

声を大にして言いたい!少なくとも日本人がオーストラリアの自然を壊すような行為をしないで欲しい。
Posted by オージー2世 at 2011年09月20日 12:35
>小梅ちゃん

クリスチャンさんの写真は、さすが海中カメラマンというだけあって、水の中の世界が違って見えますよね~。
海に住む動物への愛も感じられます。


>Antonioさん

今年の終わり頃から本格的にスタートするそうですよ。フィッツロイ島に行けば、見学することができると思います。


>まむもむさん

ほんと、そうですね。
海にどんな動物が住んでいて、
どれだけ貴重かっていうことを知ってもらうことからはじめても、いいですよね☆




>オージー2世さん

その通りですね。海水は陸から流れ出す水によって汚染されるので、自分の身の回りからきれいにしていったら、陸も海も美しい自然が保てるでしょうね☆

私たちの孫や曾孫にも、ずーっと世界遺産の美しさを残していきたいですよね。
Posted by SunnySunny at 2011年09月20日 14:48
私のだんなは某船の運送屋で働いていますが、ある日離島から来たあるお宅用の荷物を自宅に持って帰ってきました。
開けてみると、亀の子が3-4匹入っていてさらには、4-5個の卵も。離島の人たちが本土の家族宛てに発送したらしいんですが(食用として)、常温扱いにされていたために、途中でふ化したらしい。検疫官のチェックを受けたがリリースは出来ないと言うことで、フィッロイ島の保護センターに持っていってもらいました。
コレが我が家のカメ話です。
Posted by は。 at 2011年09月21日 14:27
>は。さん

えーーー!!!あまりにも驚いて、何回か読みなおしていしまいました。亀の卵が孵化してしまった・・・って、産まれてきた亀の赤ちゃんも、きっと驚いたことでしょうね~。保護センターで、元気に育ってくれればいいですね。
貴重なカメ話をありがとうございました!
Posted by SunnySunny at 2011年09月21日 20:31
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
浦島太郎さん
    コメント(7)